旅行券をギフトやプレゼントに!おすすめの積み立てプランで用意しておこう!

出典元:http://matome.naver.jp/

旅行券がギフトで贈られてきたらウレシイですよねヽ(´∀`)ノ .:。+゜。。

その旅行券を使ってどこへ行こうかとか考えるだけでワクワクしてしまいそうです。
旅行会社などで入手できますので、友人知人などの記念日などに贈ってみてはいかがでしょうか(´・ω・)ノ★。

ギフト・プレゼントに最適

0866b7e3出典元:http://matome.naver.jp/

友人・知人などの行事やイベントに招待などされたときに、自分は何を持っていけばいいんだろう。。と
考えたことはありませんか(´・д・`)?仲はいいのだけれど、何を贈ったらいいかわからないという人はギフト・プレゼントとして旅行券という方法はいかがでしょうか。使用期限などはほぼありませんので大事な友人、お世話になった人などに贈るものとしては最適かもしれませんよ(b・´∀`・b)

スポンサーリンク

旅行会社で積み立てプラン申込み

CAL_AIRBUS_A330-300_IN_RCSS出典元:https://ja.wikipedia.org/

何パーセントか利息が付く!?

大手旅行会社では毎月の預金口座などから引き落としの手続きプランにて、旅行券の積み立てが出来ます(・∀・`*。
管理人も過去に何度かこのプランに申し込んで旅行券を入手していました。例えば10万円の旅行券を手に入れるのに毎月1万円で10ヶ月経過した時点で満期となるので、10万円分とプラスアルファ500円か1000円の付加価値がついて送られてきました(*Pq´∀`)。銀行でいうところの利息的なものですが、それでも0.5%~1%を短期利息を貰える訳なんですよねp(o´・∀・o)ノ彡 。

旅行券が送付され、満足感が出る

何万円を満期にして旅行券として送られるかは自分の設定によりますが、5万円でも10万円分の旅行券でも満期になって実際に手にしてみるとかなりの充実感があります(・∀・`o)ノ))

もちろん設定単位が大きければ大きいほどその達成感は大きいです。一度試してみてはいかがでしょうか、きっと何か満足感を得られると思います((ヾ(o´∀`o)ノ))。

スポンサーリンク

いざというときにも活用できる

Landscape出典元:http://www.at21.net/js/

ギフトやプレゼントとして用意しておくのもいいですが、自己の旅行の予算の足しにもなりますね(*´・з・)ツ 。
日本人の旅行に行くタイミングとしては年末年始やゴールデンウィーク、お盆の時期など比較的に料金レートが高い時でないと旅行に行けないというケースは少なくありませんよね(*`・ω・´*)。これらの時期は最安値などの3倍以上の価格がつくことも珍しくありません。もう少し現金があれば行けるのに。。( ゚д゚)ノなんてことがあった場合には旅行券を使えば十分足りるということがあります。旅行好きの方であればやっている方法かもしれませんが、活用するといいかもしれませんね(○・▽・○)ノ゛。
逆を言えば旅行に使おうとしていたけれども、急遽として現金が必要な場合には換金することも可能なのでいいかもしれません(・∀・`*。

目的を明確にして予算を立てられる

img_1309出典元:http://tmroma.cocolog-nifty.com/

毎月の引き落としで積み立てていると、そのプランの申し込みを解約しなければ自動的に引き落としされていくので、自然と旅行券が増えていくことになります。例えば偶然にも年末年始に行かず旅行券を使用しなかったので余った場合はゴールデンウィークなど次の機会にそれを使ってもっと豪華な場所や遠い場所にいける可能性が増えますよね。
旅行券の余り予算がどれだけあるのか把握することで、次回の旅行先をキチンと計画を立てやすくなります(´・∀・`)ノ。

金券ショップなどで購入、売却もできる

e76a0df5出典元:http://matome.naver.jp/

金券ショップでは旅行券というのは頻繁に売り買いされています。市場価格の何パーセント引きにて購入もしくは販売することが可能ですね。もちろん頂いたギフトであればあまりおススメはしません(゚д゚|||)。何かのイベントでたまたま手に入ったもので旅行に行く予定も無ければ売却してもいいかもしれませんねd(≧∀≦*)。
ギフトやプレゼントのために旅行券を積み立てして用意しておいたけれど、予定がズレて贈ることが無くなったり旅行に行かないなどの場合は売るという選択肢もアリですねd(ゝ∀・)。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

旅行券というのはイメージとしてはギフトやプレゼントの印象があるかもしれません(・∀・*)。
それ以外にも自己で使用する人も多いのではないでしょうか。
積み立てプランなどを申し込んで満期になり次第旅行券が送られてきますが、これにより旅行するぞ!という意思が強まりますし、金銭的にもなんとなくメドがついてきますよね;´・ω-)つ。
もし予定していた旅行が行かなくなってしまったとか、今後しばらくは行く予定が無い場合は換金ということも可能なので1つの資産としても考えれるかもしれません(・ω・`*)。
旅行好きな方はもう活用しているかもしれませんが、是非利用してみてはいかがでしょうか(´ゝ∀・`)ノ バイバイ。

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外へ行く際の必需品と荷物、最低限これだけ!リスト
長期旅行、海外へ行くなら!おすすめオーストラリアのルート
長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
日帰り旅行に行くならどこ? 関東の電車で行けるスポットを掲載
京都へ旅行にカップルで行くなら着物を着て街を散策しよう! 

社員旅行に行きたくない理由は!?経費でも言い訳して不参加希望の実態

出典元:http://joy-trip.jp/

社員旅行は1年に1度くらいはある会社も珍しくないですよね。実費なら好きな場所でもない限りは会社の上司、同僚と一緒にわざわざ旅行したい人とは少ないです。経費でもあまり行きたくない人が多いですね(o゚x゚o)。
そんな社員旅行について、行きたくないという理由をまとめてみました|ョ・ω・`*)!

なるべく参加したくない理由

プライベートまで時間を共有したくない

これは会社の上司や同僚を好きか嫌いかにもよりますが、大抵の人は”普段仕事上で社内でいつも顔を合わせているのだから、これ以上一緒の時間を過ごしたくない”というような声もあります(●´・x・)ノ*。
会社の社員が一丸となって同じ目標で何かに向かっているのであれば、チームワークがあって仲がいいという企業もありますが、大抵は前者なのでやっぱりプライベートを潰されたくないという意見が多いですね|ョ0ω0*)ノ゙

スポンサーリンク

単純に休みたい

会社に対する好き嫌いではなくとも他の予定があったり、休みたいというのは自然のことですね≡ ´Д`*)。
自由参加という名の強制参加の社員旅行なんか無視して自分のしたいようにしましょう。
だってプライベートですから、強制される筋合いはありませんよ(`・ω´・)ノw

スポンサーリンク

実費なら完全NOだけど、経費でもほぼNO

金銭的に考えると実費の場合は完全に行きたくないという人は多数います。
休日にお金と時間を払って上司と旅行をして得るものはなんでしょうか(*´・д・)? 恐らくは気に入られている部下でなければメリットなんてほぼないですよね(o´д`o) 経費で旅行が出来るといっても社員旅行ですからそこには上司がいます。その時点で仕事なんですよね、部下にとっては。なのでなるべくなら経費であっても行きたくないという意見が多いですね( ゚д゚)ノ

上司に対する接待旅行

先ほども述べましたが、社員旅行は”接待旅行”であると思っています。2泊3日とかであればその時間を朝から晩まで上司に包囲されているという見方もできてしまいますΣ(゚Д゚;。全てがそうでなくても、やはり上司への気遣いはしなくてはなりませんよね(oдolll)。晩酌につきそってビールを注いだり、グチを聞いたり、ひどければ文句も出てくることもありますね。ちょっとマイナスな見解ですが、そんな社員旅行に行きたくはないですよね(゚Д゚;≡;゚д゚)

何のための旅行か意図不明が多い

社員旅行とは上司、部下、同僚などあらゆる社内の人間関係において、今後業務を円滑するために社員同士が親睦を深めるという目的が主旨でありますね。ところがタチの悪い上司がいたらそんなことは実現しないし、大体のところが階級や年齢もしくは部門で分かれていつも通りの展開。。(*-ω-*)みたいなのであればわざわざ遠方まで行く必要はありませんよね(`ω´щ)。少なくとも部下は上司にあまり物を言えないので、上司が部下を気遣って普段出来ない話をしてほしいものですね(・ω・`*)

幹事にでもなったら最悪

こういった社員旅行はおおよそ総務部が計画をするものですが、まれに全て幹事に任されるということがあったりします。そして幹事というのは学校ではないので立候補なんてする人は少なく、上司からなぜか直々に任命されてしまうんですね。あ~いやだいやだ(゚Д゚щ)
そして幹事になった人は無給でそれを労働のごとく対応させられる訳なんですよね。。(゚д゚lll)オーマイガ~!
ああ、たまらない。何故私はこんなことをしているの?思ったらもう最悪ですね(`▽´*)

もはや旅行ではなく仕事

先ほどの内容と重複にはなりますが、上司という精神的に圧迫を感じる人がいる時点でそれは旅行ではなく仕事の部類になると個人的には思うのであります( ;´Д`)ノ。だって普段会社でコントロールされている人に対して、私的にありのままでいられますか(-_-;)彡?
ほぼ無理ですよね。器が広いと思っていた上司に無礼講として絡んでいったら、嫌われてしまい後日に評価が下がっているという日本企業のあるあるパターン。結局好き嫌いでの評価は完全には無くならないのですよ(。>д<)p

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
社員旅行に参加するかしないかは本人の意思で決めるべきですが、多くの人が行きたくないという意見なのではないでしょうか。やっぱり上司に対しては気も使うし休みの日は自分の好きなことに使いたいですよね(*´∀`*)ノ.+゚。

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外へ行く際の必需品と荷物、最低限これだけ!リスト
長期旅行、海外へ行くなら!おすすめオーストラリアのルート
長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
日帰り旅行に行くならどこ? 関東の電車で行けるスポットを掲載
京都へ旅行にカップルで行くなら着物を着て街を散策しよう! 

車で旅行するならどこ!?関東のカップルで行きたいドライブスポットを紹介! 

出典元:http://find-travel.jp/

関東でカップルでドライブしたいけれど、どこへ行こうと考えている方はおおいのではないでしょうか。ドライブスポットはたくさんあるけど、どこがいいかわからない~!という方は是非参考にしてみてくださいね~(´>∀)人(´・ω・)ノ。

九十九里浜と犬吠岬

Dsc_1725kujukuri-s出典元:http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/

日本の最も東に位置する場所でにあるビーチ、九十九里浜。そしてそこから車で走って行くとこちらも最も東にある岬の犬吠岬がありますヽ(´∀`)ノ。関東でも太平洋を見渡せる千葉県の海を眺めながら、絶景といわれる岬で佇むという広大な海を存分に味わえるドライブコースです。九十九里浜は日本最大級の長さをほこる海岸になっておりその距離は660キロとも言われています=(´・ω・`)ノ 。

0db7d6e7出典元:http://blog.livedoor.jp/
九十九里浜有料道路を使って、日本一長いとされる海岸線をひた走る。一宮⇒東金がベストです。そしてやはりひたすら海岸線を走る爽快感はかなりのものですよ! 犬吠え岬に向かう途中にて屏風ヶ浦がありますのでこちらも必見スポットです(´・ω・)ノ★!
前長10キロの長さにも及ぶ断崖絶壁が佇んでおります。”東洋のドーバー”とも言われており本場のドーバー海峡にも引けをとらないとも言われているんですね。やはり海岸線の絶壁というのは迫力満点ですし、道路からの潮風は最高ですね((((=(´・ω・`)ノ 。

38ca10b7出典元:http://blog.livedoor.jp/

そして屏風ヶ浦を抜けてさらに北東へ道なりに進んでいけばいよいよ犬吠岬に到着です。
関東の最果ての東の岬として、絶景の日の出スポットとしても知られています(`・ω´・)ノ。日の出でなくともその絶景は圧巻されてしまうことでしょう。日本の灯台50選、世界の灯台100選にも選ばれている素晴らしいスポットですので是非訪れてみてくださいね~(b・´∀`・b)━━☆

スポンサーリンク

いすみ・小湊鉄道沿線に沿ったルートでドライブ

maxresdefault出典元:https://www.youtube.com/

千葉県のローカル鉄道であるいすみ・小湊鉄道。最近では田舎の線でありながらもメディアなどに注目されている沿線なんですね(*´∇`)ノ 。この2つの沿線の魅力は何といっても自然に囲まれた豊かな鉄道。もちろん沿線に直接電車に乗って揺られての旅もいいですが、それに沿った車でのドライブというのも非常に魅力的なんですよ~p(o´・∀・o)ノ彡 !鉄道路線に沿っての道路を走れば同じような自然の景色が見れちゃいますので車で雄大な自然景色を見たい方にはおススメのドライブスポットです((ヾ(o´∀`o)ノ))

国道1号、東海道を利用して熱海、伊東市へ

minoya_image00

出典元:http://yasuraginoyado-minoya.atami-spa.com/

関東からとなると、埼玉、千葉、東京、神奈川などあらゆる場所を経由しながらドライブしていくことになりますが、近くの有名な温泉地として熱海や伊東へドライブしてみてはいかがでしょうか。こちらも神奈川県の海岸線を走ることができるドライブコースですので海風をカンジながらのドライブは最高ですよね。人(´・ω・)ノ高速などを利用してのパーキングエリアなどで美味しいものを食べるのもデートの楽しみの1つですね。そして熱海や伊東は言わずとしれた温泉街なのでドライブで疲れたら温泉につかっていくのもいいかもしれません´・ω・)ノ~。

スポンサーリンク

河口湖と富士急ハイランド

135236251953713109718_DSC_0014_20121108171517出典元:http://joy-trip.jp/17299

遠方へドライブという場合、目的地があった方が最後の到達点としてテンションが上がるかもしれませんね。
関東首都圏から自然が近くでテーマパークも近い場所の1つとして河口湖と富士急ハイランドがあります(。・∀・)ノ゙。
河口湖では山と湖を眺めながらゆったりして、釣りなんかしてもいいかもしれません。そして近くにはテーマパークの富士急ハイランドで遊び尽くすというパターンがいいかもしれませんね(*`・ω・´*)。この地域の特産物として、ほうとうがありますがなかなか美味しいですね。鍋などに入れてたべるとかなりハマッテしまうかもしれません。こちらもご賞味あれ(*´∀`*)ノ!

栃木・日光へぶらり旅

picmain出典元:http://jp.wannatrip.com/

関東の中でも北に位置する栃木県日光市へのドライブの旅はいかがでしょうか|*・∀・`)ノ゙☆。

関東にお住まいの方であれば遠くとも2時間~3時間ほどでアクセスできる場所であると思います(o´∀`o)ノ。

歴史的建造物としては日光東照宮や、自然スポットとしては華厳の滝などがありますね。コンパクトに回れる場所なのでドライブスポットには最適かもしれません( ´・ω・)o。こちらも鬼怒川の温泉として有名ですので疲れた体に温泉というのもいいかもしれません。日光は山の幸など食べ物がおいしいので是非近くで食事をしてみるといいですよ~(。 ・ v ・ 。)ノ!

お台場海浜公園と海ほたる

rb02

出典元:http://www5c.biglobe.ne.jp/

カップルでドライブデートと言えばやっぱり夜のライトアップがいいですよね(´・∀・`)ノ。
お台場海浜公園は静かながら東京が一望できる場所ですのでかなりいいかもしれません。
さらにはアクララインを通じての海ほたるでさらにキレイな夜景を二人でみるのもいいですよね~(・ω・)。
ドライブするだけでデートスポットになっちゃうなんてまさに反則技ですね人(≧∀≦*)キャー♪w

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。車で旅行をする際の関東の場所を紹介しています。
関東の中でもおススメの場所ばかりなので、是非チェックしてみてくださいね~(´・∀・`)ノ!

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外へ行く際の必需品と荷物、最低限これだけ!リスト
長期旅行、海外へ行くなら!おすすめオーストラリアのルート
長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
日帰り旅行に行くならどこ? 関東の電車で行けるスポットを掲載
京都へ旅行にカップルで行くなら着物を着て街を散策しよう! 

長期旅行、海外のおすすめルート アジア大陸横断!

長期旅行としてアジア・ユーラシア大陸横断をしようとしている方にとっては参考になるかもしれません(●・ω・)ノ★。。

管理人の私も旅が大好きなのですが、やはり海外における長期の旅となれば入念な準備が必要になってきます((((=(´・ω・`)ノ 。アジア各国を横断しようということになれば、ビザや他の国の事情、自身の旅の経験値などあらゆる部分を考慮してルートを決めていって欲しいですね人(´・ω・)ノ。

ルートもたくさんありますので自身にあったものを選ばれるといいと思います。尚、おおよそ飛行機ではなく陸路での案内となっていますので参考にしてみてくださいね~+。:.ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。!

中国からインドへ抜ける

src_10388495出典元:http://4travel.jp/

アジア大陸を横断するとなれば、ロシアか中国を通るというのが一般的になっています。これは中国へ入国したあとにインドまでのルートを紹介しています。(´・ω・)ノ

上海⇒西安⇒西寧⇒ゴルムド⇒ラサ(チベット)⇒カトマンズ(ネパール)⇒バラナシ(インド)⇒デリー(インド)

このルートであれば陸続きにて旅ができると思います。おおよそバスがでているので利用するといいかもしれません(´ゝ∀・`)ノ。中国からチベットへ行く際には当然ながら高山地帯になっていくので注意が必要です。季節としては冬の時期はおススメできません(・ω・`)。ただでさえ気候が通常の平地と違いますし、雪道は危険ばかりだからです+(・´ェ`・)ノ゛。特にチベットのラサからネパールのカトマンズについても高山地帯になりますので冬の時期は避けるべきです。ちなみに各国においてビザが必要ですので事前に取得することをおススメします。現地での取得も可能ですが、時間と労力がかかるのでやはり事前取得が無難ですね(。´・∀・)ノ゙ 。

スポンサーリンク

鉄道を利用してユーラシア大陸を横断

6856d7402554750846dca27fa41dcef3_thumb_1680x1280出典元:http://www.russia-ex.com/

意外と知られていないかもしれませんが、鉄道を利用してユーラシア大陸を横断できるルートがありますヾ(。・v・。)。
電車を利用するとなれば、旅のプランニングが苦手な方、面倒な方にもいいかもしれませんね♪o(*’∀`*)ノ゙。

東京⇒ウラジオストック(ロシア)⇒ハバロフスク(ロシア)⇒チタ⇒ウランバートル(モンゴル)⇒エレンホド(中国)⇒ウルムチ(中国)⇒カジュカル(中国)⇒サマルカント(ウズベキスタン)⇒テヘラン(イラン)⇒イスタンブール(トルコ)

ロシア、モンゴル、中国、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イランなどのアジア諸国を通過しながらアジア・ユーラシア大陸を横断するというルートなんですね(((((((っ・ω・)っ 。電車が停車する駅というのは代表的な地域の駅にしか止まらないのですが、気になる国の駅で途中下車して訪れてみることもできるので楽しいですね|・∀・)。日数的には数十日かかる可能性もありますが、時間を気にせずゆったりとした旅で、一度に数カ国を越境するという体験というのは特別ですよね(*´∇`)ノ。
中東などの国も通らず、中央アジアで大陸横断できるのでわりと旅になれていない方でも安心です。
機会があれば是非チャレンジしてみるといいかもしれませんね(。´∀`)ノ゙*+:

スポンサーリンク

シベリア鉄道を利用する

src_11022006出典元:http://4travel.jp/

ウラジオストックからモスクワ『1・2列車』
こちらは中央アジア経由でなく、ロシア号と呼ばれる電車に乗りロシアの東の都市ウラジオストックから西のモスクワまで通過するシベリア鉄道にて横断するというルートになります。
距離にして約9,300kmを1週間に渡って走破するという、スケールの大きい鉄道です。それだけにかなり人気があるのでチケットは早めにとらないと入手できないそうです。ユーラシア大陸を一度で駆け抜ける鉄道には圧巻です

北京、ウランバートル、モスクワを通過する電車 『3・4列車』
北京から乗り継いでウランバートルを通過してロシアを経由するルートの列車。
こちらも中国、モンゴル、ロシアなど多国を通過することからかなり人気があるようです。
中国客車に途中からロシア客車が連結されるというものなんですね。ある意味で列車内も多国籍になるわけなんですね
ちなみにモスクワからウランバートルを結ぶ線の列車は『5・6列車』となっています。
モスクワからは分岐点として多くの国へのルートの列車が発車、到着などしているので、調べてみるとオモシロいですよ!

タイからインドへ抜ける道、夢の道路

src_31616973出典元:http://4travel.jp/

バンコク(タイ)⇒ネービードー(ミャンマー)⇒マニプール(インド)⇒ナガランド(インド)⇒アッサム(インド)⇒ビハ-ル(インド)⇒ニューデリー(インド)

アジアンハイウェイ
従来のバックパッカーの旅のルートとしてはタイからインドまでのダイレクトでの陸での移動は、ミャンマーがあったために横断できなかったのですつω-`)ノ。でもしかし!ようやくミャンマーが民主化などされ、そのルートがいよいよ利用できるんです(*´∇`)ノ♪
東南アジアのハブであるタイ・バンコクから直接西の方向へインドにアクセスできるのですから、こんなに便利なルートは無いです!以前では飛行機で越えるか、他の国へ入国して迂回して中央アジア、西アジアへ行かなくてはならなかったのですから。これからアジアを横断しようとお考えの方にはラッキーですね(●´・∀・`●)―!!

中国ラサからカトマンズを通過してインドへ

4.1.1出典元:http://www.his-j.com/

成都(中国)⇒ラサ(中国)⇒カトマンズ(ネパール)⇒インド

※成都までの道なりは割愛しております
※インドからパキスタン、イランのルートから欧州への道は割愛しております

このルートは抜粋的なルートでありますが、中国のラサからネパールのカトマンズを通過してインドへ入国するという陸続きでのルートになります(・ω・)ノ。ラサからカトマンズまでは国道があるのでそれを利用してカトマンズからはやや道路を何度か変更して向かう形ですね。危険な道ではありませんが中国、ネパール、インドという短期間での国境越えがあります(´・ェ・`)。
そして問題はこのルートはおおよそ車での通過になりますので、バスやレンタカー、ヒッチハイクという手段になってくると思われます*-ω-)ノ”。 ラサまでたどり着く方法として成都から一応のところ道路はあるのですが、かなりの距離と中国西部独特の山道と田舎の地帯を走ることになりますので、初心者の方にはあまりおススメしないルートではあります☆ヾ(=´∀`=)ノ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
アジア・ユーラシア大陸横断というテーマで記事にしましたが、なかなか長期での海外の旅というのは簡単ではないかもしれませんね。アジアを横断するといってもたくさんのルートがありますので費用や日数、あるいは自己の旅の経験地などからベストな旅を計画して安全に行ってくださいね。(・∀・(・∀・*)バーイー♪

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外へ行く際の必需品と荷物、最低限これだけ!リスト
長期旅行、海外へ行くなら!おすすめオーストラリアのルート
長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
日帰り旅行に行くならどこ? 関東の電車で行けるスポットを掲載
京都へ旅行にカップルで行くなら着物を着て街を散策しよう! 

海外旅行の持ち物、機内持ち込みとおすすめの方法を紹介! 

出典元:http://4travel.jp/travelogue/

海外旅行の準備として持ち物を用意して、スーツケースに詰めたら準備万端!と思っていませんか(・ω・*)?
飛行機を使って異国の地に行く際には持ち物検査や荷物を預けるなど、結構用心しないといけないポイントが
いくつかありますφ(・ω´・ @)。そんな海外旅行(国内旅行でも共通かもですが)の持っていく荷物の飛行機に乗る際の持ち物や機内持ち込みのおすすめ方法などを紹介していますのでチェックしてみてくださいね~ε(´・∀・`*)з!

荷物は大・中・小に分けておく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スーツケースなどの大荷物

スーツケースを大荷物としたときに、生活に必要なシャツや下着やズボンなどあらゆるものはこちらに入れますね。
当然ながらこれらの荷物は現地での生活に必要な衣類などが中心になりますが、最悪のところを考えて、失くなってしまってもよいものを入れておくようにしましょうヾ(´ー`)ノ゙。盗難や破損、あるいは預けたものが現地の到着空港に届かないなど、あらゆることに備えて衣類や生活用品以外は入れないのが無難で現地でも調達できるという気持ちが大事ですね(´ゝ∀・`)ノシ。

リュックなどで中荷物

スーツケースの他に中荷物としてリュックやボストンバッグなどを持っておくとよいですね(o・ω・o)ノ。私はリュック派でありますが大抵のところパソコンやカメラなど一般的な貴重品とされるものを入れるようにしています( ´・ェ・)ノ。スーツケースに入れると破損の可能性もありますし、盗難も嫌ですよね。何より預け荷物が重量が増えてしまってはダメなので(・ω・`)。あとは携行するバッグという意味合いでガイドブックや羽織るシャツやタオルなどいれておくようにしています。そしてポイントはこのバッグにはある程度のスペースを設けておくことが大事ですヾ(。・v・。)。というのもスーツケースに入りきらないものや重量オーバーの際にはこちらに入れ替えるということが出来るようにしておくためですね*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚*。
当たり前ですが、パスポートや航空券、パソコンやカメラの電子機器などはスーツケースにはNGです。

ショルダーバッグなどの小荷物

パスポートや航空券、ビザ、財布や携帯電話などあらゆる貴重品は肌身離さずということでショルダーバッグなどに入れておくようにしましょう(´・ω・)ノ★。最悪の事態としてスーツケースやリュックが失くなってしまった場合でもこれがあれば何とか生きていける、日本へ帰れるというスタンスが生命線になってきます(。´・∀・)ノ゙。

機内に持ち込み禁止のもの

haneda-9出典元:http://tokyoyakei.jp/

一般的に考えて普通のことですが、危険物や凶器と考えられるものは持ち込み禁止となっています(・ω・。)。飲み物などの液体も一切禁止ですのでご注意を。化粧品や医薬品としての液体は専用の透明ケースにて預け荷物に入れて預かってもらいましょう(*´・∀・`)з゙。

ちょっと裏技

SONY DSC

先ほども紹介しましたが、預けるスーツケースの荷物が重量オーバーしてしまっていたらリュックなどの中荷物に入れてしまいましょう。それでも入りきれないというケースを想定してたためるくらいの紙や布のバッグを用紙しておくことをおススメしますφ(・ω´・ @)☆。手荷物が1つ増えてしまいますが、重量オーバーで預けられない、もしくは追徴金を払うよりはいささかマシな気がします。それでも入らないという人は、、同行の友人などに持ってもらうなどお願いするしかないですね(ゝω・`)o最後の手段は捨てるしか選択肢はありませんが。。

機内持ち込みチェックは結構ユルい!?

aa02fa4af73e7a8396d51c38833422c8出典元:http://blog.goo.ne.jp

航空会社の規則によっては機内に規定サイズ以上のバックは持ち込みしてはいけないというルールがあり、その規格を上回るサイズのバッグであれば追徴金などを課せられる可能性があります(・ω・`p。
しかしながら目に見えて明らかにオーバーした特大サイズや超重量でなければ、機内持ち込みの手荷物においてチェックされたり、とがめられるというのは極めて少ないです(●´・∀・`)ノ。
基準としては客席の頭上にある荷物棚に収納できるものであれば、ほぼ大丈夫と考えていいと思います。手荷物にも本来は制限があるのですがショルダーバッグにリュックを背負って手荷物が1つくらいなら問題ないケースが多いです。実際に旅行によく行く管理人もそのくらいの手荷物で止められたり追加金を払った経験はありませんヾ(。・v・。)。

預ける荷物の重量オーバーには厳しい!?

IMG_2784出典元:http://buta-neko.net/

荷物で一番注意するのは預ける荷物の規格と重量なのですが、こちらの重量はさすがに1キロオーバー単位でお金を取られてしまいますで要注意ですね(・´ェ`・)ノ゛。ポイントは航空券と座席指定の際に重量選択の欄があると思いますが、自分のいつもの1つ上の重量を予約しておくようにしましょう。ちょっと高くなりますが、預け荷物の1キロ単位のオーバー金額より安くつくのは間違いありません(。´・∀・)ノ゙ 。

郵便局や国際運送業者を利用しよう

express-plane-767-master_cs_e5c3302_1601201
出典元:http://www.e-logit.com/
スーツケースや手荷物のバッグなどにも入らない荷物は事前に郵便局や国際運送業者などに依頼して、現地もしくは日本へ送ってしまいましょう(´・ω・)ノ★。わざわざ重い荷物で移動するよりも最低限の手荷物で飛行機に乗り込みたいものですよね。
旅行の帰りの際にお土産などをたくさん購入して荷物が増えてしまった際にはこの方法を活用してみて下さいね(●´・x・)ノ*管理人もマレーシアの郵便局などでダンボール3個分を送りましたが1万円もしなかったですよヽ(´∀`)ノ

スケールを利用しよう

haneda-2
出典元:http://tokyoyakei.jp/
空港で飛行機に乗る際に荷物を預けるときは注意が必要です。航空券を購入するときに自己で荷物の重量制限を設定していると思いますが、その設定した重量をオーバーすると追加料金がかかってしまうんですね(●´・x・)ノ。
スーツケースを預ける前に念のため空港内にある重量測定器(スケール)を利用するようにしましょう。
日本の空港内には大抵置いてありますが、海外の空港には無いところもあるので、こちらも注意が必要です((((=(´・ω・`)ノ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
たくさんの海外旅行や滞在を経験してきた管理人でありますが、自分の体験したことをもとに記事にしています。
この記事を見て”え?そんなことないぞ!”という方がおられましたらご容赦願います。
私個人としては皆様もためになる情報が配信できればなと思います
是非参考にして楽しい旅にしてくださいね~ВУёヽ(o’∀`o)ノВУё☆゚

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外へ行く際の必需品と荷物、最低限これだけ!リスト
長期旅行、海外へ行くなら!おすすめオーストラリアのルート
長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
日帰り旅行に行くならどこ? 関東の電車で行けるスポットを掲載
京都へ旅行にカップルで行くなら着物を着て街を散策しよう! 

長期旅行、国内での旅!持ち物とおすすめルートを紹介

出典元:http://mery.jp/

長期旅行で国内を旅しようと考えている方はいらっしゃると思いますが、持ち物として何が必要か、そしてどのようなルートがいいかわからないという人も多いのではないでしょうかヾ(*´∀`*)ノ。本記事ではそのような長期で国内旅行に出かける方にとってちょっとだけ、ためになる記事を紹介していますヾ(・∀・`o)ノ))。

持ち物

CDP0059_big出典元:http://www.coleman.co.jp/

長期で旅行をしようと考えたときには、キャンピングカーなどで旅をしない限りはできるだけ荷物は少ない方がいいですよね。あとは移動手段や宿泊の方法などにもよりますが、持ち物としては最低限のところリュックなどに着替えが3セットくらいは必要でしょうかp(o´・∀・o)ノ彡。それから旅のお供としては常備薬などはあった方がいいですね。
夏などにキャンプやテントなどをしながら旅をするのであれば、テントや寝袋は必需品となってきます
それから小さなコンロや食器などがあると料理もできたりして便利です(b・´∀`・b)。

スポンサーリンク

旅のルートの決め方

DSC_5071oirase-s出典元:http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/

長期旅行となったときにかなり大事になるのがルートの決め方ですね(*´ω`)o。例えば北海道の最北端から鹿児島の最南端までとか、はたまた逆のパターンもありますね。関東や関西あたりの日本の北や南にも位置しないところからだとどこからスタートなのか迷ってしまいそうですね。しかし旅において旅程(ルート)を決めるのはマストなのでしっかりと決め手いきましょう(´・ω・)ノ!

スポンサーリンク

移動・交通手段

140217138896492627225_201406nagoya出典元:http://sey.at.webry.info/

日本国内を長期にて旅行するという際には移動手段としては、車や電車、バイクなどさまざまな方法があります(´・ω・)ノ★。私のおすすめは青春18切符を利用した電車での旅ですが、結構味があっていいかもしれません(=(´・ω・`)ノ。各駅など限られた電車しか乗ることはできませんが、ほぼJR全線利用可能で期限内であれば乗り放題というものになっています。電車に揺られながらその土地特有の景色を眺めながら旅をするというのはとっても風情がありますね!(*≧∀≦)

交通費、食費、宿泊費

sp-090942000s1422319434出典元:http://mmoe0715.naturum.ne.jp/

交通費、食費、宿泊費というのは旅にかかるメインの費用になりますね。なるべくであれば費用は抑えたいものです(´・ω・`)。交通手段としては飛行機、車、電車、バイク。食費は外食や自炊など。宿泊費は単にホテルか民宿などか自己でテントを張るなどですが自分にあったプランで計画してみてくださいね+゚ヽ(o`・∀・´)ノ.+゚。

詳細な計画

f0236151_1943236出典元:http://sendaina.exblog.jp/

周りたい目的地や交通手段などがまとまったら、具体性のある旅のプランを作成していきましょう(`・ω´・)ノ。
どこからスタートして、ゴールはどこに設定するのか。立ち寄る場所はどこで何日間なのか。
何月何日にどこについて、そこに何日滞在して費用はいくらかかるかなど。詳細な計画を決めていきますヽ(o´・ω・`o)ノ゙。時間やお金のロスもありますし、突発的な出来事にも対応できないので、ここはキチンとまとめておくべきですね+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚

写真や動画、日記をつける

227sawa1145x75出典元:http://www.rakuten.ne.jp/

せっかく長期で国内旅行をするのですから、なるべく景色を撮ったり、自分の感想などを日記にしておくとよいかもしれません((Pq’v`★)゚+。。特にその記録をブログなどで公開すればたくさんの人が見てくれるかもしれませんよ。
いずれにせよ貴重な体験としてなにかの記録媒体として残しておくといいですねヾ(*´・з・)ツ

地域の名産、特産品を買う

nanakaze-6出典元:http://www.yaeyama.or.jp/

旅をしているうちに色んな場所に行くことになったら、その地域限定や独特の名産品や特産品を購入しても楽しいですね(〃´∀`〃)。荷物になってしまうのであれば、あらかじめ宅急便などで送ってしまいましょう。現地で購入した品というのはやっぱり特別だったり珍しいものが多いのでチェックしてみるといいですよ♪ヾ(*`・ω・´*)

途中で区切っても大丈夫

michinoeki出典元:http://www.town.shibayama.lg.jp/

旅というのは計画通りに出来れば尚良しですが、時間やお金などによりゴールまでたどり着けないということもあるかもしれません((((;(。・ω・)。学生などで時間などあればいいですが、長期休暇をもらっているような社会人などの方々は無理せずに仕事などに復帰するようにしましょう(。・ω・)=。途中までの地点を覚えておいて、次回の休暇でまたそこから始めればよい訳ですので無理してゴールする必要はありません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか
国内での長期旅行においての持ち物やおすすめルートなどを簡単に紹介させて頂きました。
やはり長期の旅行となると万全の準備はしておきたいものですね。けれども日数や費用などは無理せずに余裕を持ったプランニングから実行するという落とし込み方がいいと思います。
是非参考にしてステキな長期旅行にしてくださいね~(●´・∀・`)ノ”βyё-βyё☆

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外へ行く際の必需品と荷物、最低限これだけ!リスト
長期旅行、海外へ行くなら!おすすめオーストラリアのルート
長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
日帰り旅行に行くならどこ? 関東の電車で行けるスポットを掲載
京都へ旅行にカップルで行くなら着物を着て街を散策しよう! 

卒業旅行で行きたい海外のおすすめビーチを紹介!【大学生】

出典元:http://matome.naver.jp/

大学生などの卒業旅行となれば、なるべくその時しか行けない、体験できない場所に行きたくなりますよねヽ(○・▽・○)ノ゛。卒業旅行は学生生活最後のイベントなので、かなりはりきってでも遠い場所や豪華、キレイな場所に行きたいという願望が出てきそうですヾ(・∀・`o)ノ。今回は卒業旅行で行きたい海外のおすすめビーチというテーマで紹介していますので参考にしてみてくださいね(´・ω・)ノ★*゚*☆*゚

ランカウイ島

langkawi-island-shared-photo-1155664586-1024x768出典元:http://tabit.jp/

こちらはマレーシアにある小島でありますが、近年ではかなり注目されています(b・´∀`・b)。
島自体の面積はさほど大きくないので車で周れば1周あたり、2時間くらいで周れてしまうんですね。
東西南北と海の色が違うのがこの島の面白いところヾ(*´∀`*)ノ。北西にあるリゾートホテルのすぐ近くにあるダタイ・ベイの海の色は乳白色になっていて海の中が透けて見えます。ハネムーンリゾートと言われていますのでカップルで行くのもいいですが、団体にて複数人で訪れても楽しいところですp(o´・∀・o)ノ彡。

スポンサーリンク

プーケット

cl000000011216_1438586330926
出典元:http://allabout.co.jp/

タイ有数のリゾート地であるプーケット。ここでは海外から多くの観光客がきておりたくさんの人種と触れ合うことができます(*´・д・)。繁華街ではクラブやバー、お土産やなどが並んでいるので滞在期間中で退屈になることは無いでしょうε(*´・∀・`)з゙。すぐ近くにはビーチがありますし、離れたところにもたくさんの有名なビーチがあるので、数箇所訪れてみるのもいいかもしれませんね☆(´ゝ∀・`)ノシ。

スポンサーリンク

ピピ島

phuket_island出典元:http://mery.jp/

プーケットに訪れたならば、是非訪れて頂きたい島であるピピ島。レオナルド・デカプリォ主演映画『ザ・ビーチ』でも撮影場所として使われています(。≧ω≦)ノ。エメラルドグリーンの海と巨大な岩の数々には圧巻を受けることでしょう。島の中には売店やレストランがあるので十分にゆっくりと過ごすことができますよ~(ノo´・∀・)ノ゙ ⌒☆!

ボンダイビーチ

6ad42574出典元:http://blog.livedoor.jp/

オーストラリアのシドニーにあるボンダイ・ビーチ。シドニーの中ではかなりの規模や知名度を誇っていますャ♪(o´・ω・`)σ。ボンダイビーチは初心者から中上級者までサーフィンをしに来ている人がたくさんいます。シドニーに観光旅行に行ったついでに訪れてみるといいかもしれません(*・∀・)ノ。おすすめはボンダイビーチから崖を歩いて通ることができる遊歩道からながめる海岸線は絶景ですね。そこをずっと道なりに歩いていけばたくさんのビーチに着きますのでいろいろ見れちゃいますよ(○´∀`)ノ゙。

セントキルダビーチ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典元:http://hatsu-tabi.com/

こちらはメルボルン郊外にあるセントキルダという街にあるビーチです。
結構なセレブ感のある土地柄にあるビーチなので訪れるだけでも印象に残ると思います三( ・∀・)ノ゙☆・。
すぐ近くにショッピングモールやカフェがあるので水着で行けちゃいます。近くではヨットやパラセイリングなどお金持ちそうな人々が優雅に楽しんでいます´・ω・)o|。もちろん、ビーチで海水浴や日光浴はできますので安心を。
メルボルンに観光旅行の際に訪れてみるといいかもしれません(。・ω・)ノ゙。

セントーサ島

f432b31e0a7d9c36f102f7c855c5e29b出典元:http://tra-tra-travel.com/

シンガポールにある島でその中にビーチがあります。
コンクリートで埋め尽くされた土地のなかにぽつんとビーチがあるんですねヾ(・ェ・`(o´・ェ・`o)´・エ・)ノ゙。セントーサ島は博物館やアミューズメントパーク、レストラン、ショップ、ホテルなどあらゆる施設がありますがそこにビーチがある訳なんですねこれは天然ではなく人工で作られたものだと思いますが、それでも白い砂浜のビーチはキレイで快適ですよ。すぐ近くに施設があるのでシャワーなども安心して使用できます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
卒業旅行に行きたい海外のおすすめビーチを紹介しています。世界にはたくさんのビーチがありますのでその一部として参考にして頂ければ幸いです(●´・∀・`)ノ”βyё-βyё☆。

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
飛行機で旅行に行くならエアアジア!!格安の料金で海外へ
 タイ、チェンマイの旅行記をブログに!象にも乗れる魅惑の都市
 バリ島に旅行に行きました お得な情報をブログで詳しく紹介します
 海外旅行、世界遺産へ行こう!おススメの歴史的建造物がたくさん!【アジア編】

オーストラリアの旅行に必要なビザの申請は?その他種類も紹介 

出典元:http://find-travel.jp/

旅行では人気の国であるオーストラリア。その際にはビザは必要なのでしょうか?旅行において必要なビザとその他の種類を紹介していますε(*´・∀・`)з゙。参考にしてみてくださいね~☆(´ゝ∀・`)ノシ。

観光ビザ:ITAS

image.adapt.1663.medium出典元:http://www.australia.com/

こちらはオーストラリアに旅行として滞在する際に必要なビザになります(o・ω・o)ン。旅行会社などで代理取得してもらうことができます。費用はだいたい3000円くらいだと思います(o´・ω・`o)ノ 。短期の滞在であればこれを持っていれば大丈夫。
このITASと言われる観光ビザでも90日以内であれば短期で学校へ通うことができるんですね~。いやぁ素晴らしい(。≧ω≦)取得方法は簡単でWEBサイトから申請して取得することができますよただしこのビザで就労は出来ませんのでご注意くださいね(oゝд・o)ノ

スポンサーリンク

学生ビザ

DSC01931出典元:http://2013kangaroo.seesaa.net/

その名のとおり現地で学校に通うために取得するためのビザ。多くの人は3ヶ月以上滞在する場合はこちらを取得しています。3ヶ月以内であれば学生ビザでなくても、語学学校などのある一定の学校であればワーキングホリデービザでも学校へ通うことが可能になります(。・ω・)ノ゙ 。

スポンサーリンク

ワーキングホリデービザ

20160611235731出典元:http://www.shamojioil.com/

こちらは18歳から31歳になるまでの期間で日本国民であれば誰でも取得できるビザなんですね♪(o´・ω・`)σ
このビザの素晴らしいところはオーストラリアで1年間仕事をしながら滞在してよいというまさに魔法のビザヾ(・ェ・`(o´・ェ・`o)´・エ・)ノ゙。でもこのビザは一人につき一度しか使えないので、じっくり考えてから申請することをおススメします(。・ω・)ノ゙。ちなみにこちらもWEB上からの手続きにて申請、取得が可能です。質問事項などは全て英語なのでやはりは最低限は勉強しておくといいかもしれませんヾ(*・∀・*)ノ”。専門の民間エージェントに取得代行してもらえますが、結構値段が高いので可能であれば自己で申請するようにしましょう。取得してから1年以内であればいつでもオーストラリアに入国できます。そして入国した日から1年間滞在できます|´・ω・)o。
さらにはオーストラリア政府が推奨する農園で90日ほど働けばもう1年ビザを延長することもできますよヽ(o´・∀・`o)ノ

就労ビザ

05出典元:http://shuutak.com

こちらもその名の通りで現地企業からもしくは日本での企業から発行してもらうことになります。
基本的にこのビザは就労目的ですので当然ながらフルタイムで就労可能です。選挙権などはありませんが、保険など国籍や永住権などにも近いとも言われていますねヽ(*・∀・*)ノ。

リタイアメントビザ

フィリピン_1461305786出典元:http://allworldtraveler.net/

65歳以上くらいの人で就労をしていない人がオーストラリア政府に申請をして通れば入手できるビザ。
しかしながら、国に対して巨額のお金を払わないといけないみたいですね。。詳細はじっくりと調べてみるといいかもしれません。

パートナーシップビザ

チャペル外観出典元:http://www.watabe-wedding.co.jp/

これは現地のオーストラリアの人と結婚すれば当然ビザは取得できますが、どうやら結婚だけがその取得の方法ではないようです。例えば永住権を持っている人がオーストラリアに住んでいて、その人と一定期間一緒に住み、条件を満たせば取得も可能という説もあります。やはりこれはケースバイケースのところもあるので詳細な確認が必要ですね

永住権

181-leucadendra-0632出典元:http://matome.naver.jp/

国籍の手前とも言われている権利ですね。これは労働によるものや学術的貢献などさまざまな方法で取得できる可能性があります。しかしながら国籍に近いものなので容易に取得できるものではありません。国で定められている職種を一定期間終了した後に審査を受けたり、スポンサーが必要だったりと壁は大きいですね。それでもどうしても欲しいという人はチャレンジしてみてもいいかもしれません

国籍

topimg_original出典元:http://allabout.co.jp/

これを取得するには現地のオーストラリア人と結婚して日本国籍から切り替えるか、自ら帰化申請をして受理してもらうくらいしか方法がないかもしれませんね。運よくその国の病院で生まれて選択できたりとかはあるかもしれませんが、あまり現実的ではありません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビザの種類もたくさんありますが、目的に沿ったビザの取得というのが大事になってきますね
参考にして頂き、より詳しく調べてみるといいと思います。

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
飛行機で旅行に行くならエアアジア!!格安の料金で海外へ
 タイ、チェンマイの旅行記をブログに!象にも乗れる魅惑の都市
 バリ島に旅行に行きました お得な情報をブログで詳しく紹介します
 海外旅行、世界遺産へ行こう!おススメの歴史的建造物がたくさん!【アジア編】

長期旅行で海外へ行く際の必需品と荷物、最低限これだけ!リスト

出典元:http://www.1zoom.me/ja/

海外旅行となると何かと用意をして渡航に備えなければいけませんねヽ(○・▽・○)ノ。行く土地柄によっても多少異なりますが、一般的には必要最低限のものがあればいいかもしれません。長期の海外旅行としての最低限の必需品と荷物をまとめてみたので参考にしてみてくださいねヾ(・∀・`o)ノ

各種ビザ

海外に行くのであればおおよその国でビザが必要になってきます(〃´・ω)ノ 。国によっては30日~60日以内の滞在であれば必要ないというところもありますが基本的にはあるという認識の方がよいでしょう。入国、滞在する国によってどんなビザが必要かは把握しておかないといけませんp(o´・∀・o)ノ彡 。短期滞在であれば旅行会社に頼めばよいですが、長期滞在ともなればしっかりと自分で調べて手配しましょうねヾ(・∀・`*。ビザは観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデービザなどがありますが各国をまたぐ長期旅行となれば1つ1つの国のビザが必要なので結構たいへんかもしれません。ちなみ管理人は各国を周る長期旅行の際には、なるべくビザが不要の国のルートで行くというような選択をしたりしましたヾ(*´∀`*)ノ。でも、やはり行きたい国に行くというのが通常だと思いますのでそこは事前準備をしておきましょうd(`・ω´・)★!

スポンサーリンク

パスポート

HMD6cvwf1mWN7i0XUgNJG0出典元:http://manesto.com/

パスポートは海外に行く際には絶対に必要なもの、外国への入出国、日本への入国などで使うのですが持っていないと海外へは行けないので事前に入手しないといけませんね(*´・д・)コ。最寄のパスポートセンターなどで発行が出来ますので問い合わせしてみてくださいね(´・ω・)ノ★。

有効期限5年が10000円、10年で15000円の費用になると思います。発行の際には本人確認証や住民表などが求められますので注意ですね。発行はおよそ2週間くらいかかるので余裕を持った申請をして入手しましょう(b・´∀`・b)。

スポンサーリンク

航空券

gekiyasu-ticket出典元:https://www.careertrek.com/

航空券はこちらも海外へ行くとなれば必須の物になります…((((=(´・ω・`)ノ。旅行会社では航空券またはパッケージツアーとに分かれていますが、それはもちろん本人の自由で選択ができます。海外旅行初心者にとってはパッケージツアーをおススメしますが、長期滞在ともなればやはりは片道か往復航空券を取得することになります。おおよそ1ヶ月前くらい遅くとも2週間前には予約しておいたほうがよいでしょう.+゚ヽ(o`・∀・´)ノ.+゚。

海外旅行傷害保険

top_img出典元http://www.abroad-insurance.jp/

行くだけならパスポートとビザ、航空券だけで行けてしまいますが、何が起きるかわからないので不安という方は海外旅行傷害保険に加入しておくことをおススメします。旅行会社でも予約できますし、ネットからでもOK。忘れてしまった場合は最悪のところ空港でも予約できるのでしておくと安心ですねヾ(・∀・`o)ノ))。長期旅行となればやはり何がおきるかわかりませんので加入しておいて損はないでしょう( ・∀・)ノ。保険会社や期間によって金額が変わってきますのでよく調べてみてくださいね。

クレジットカード

IMG_1847-Edit-1

出典元:http://tabi-mile.com/

財布に現金だけあればオッケーと言う人も多いと思いますが、いざというときのためにあると便利ですゝ(・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・)ノ。

現金を毎回下ろすのも手間がかかるし、ATMや銀行がそんなに多くあるとも限りません。なおかつちょっと高額な買い物の場合に現金が足りないなどの事態にも対応できますね(。≧ω≦)ノ。VISAやマスター、アメックスなどが世界的には有名です`(o´・ェ・`o)´。
違う国に渡航するごとに銀行に行くなんて面倒という方はクレジットカードにあるキャッシング機能を利用すれば、海外のATMでも現地の紙幣を借り入れできるので便利ですね(。・ω・)ノ゙

デビットカード

525770546_df31c7d17d_b

出典元:http://www.c-study.net/

海外に現金を持っていく以外の方法としてデビットカードがありますヾ(*・∀・*)ノ”。これは口座にある残高から落として決済するというものでクレジットカードと違って利息などはかかりませんヾ(*゚∀゚*)ノ。私は長期滞在の時は現金、クレジットカード、デビットカードを使い分けしていました。+.。゚:;。+゚( 。 ・▽・。)。トラベラーズチェックが使えなくなってしまったのでやはり様々な方法として現金以外のものを持ち歩くという選択肢はいくつか持っておくべきですね(´ゝ∀・`)ノシ。こちらはATMでキャッシングではなく、引き出しが出来るのも便利なところ。大いに活用したいですよね

国際運転免許証

Woman kissing man and taking selfie on her mobile phone. Couple on road trip, man driving a buggy car on a summer day.

出典元:http://blog.iknow.jp/

これも可能であれば持って行くといいかもしれません(○´・д・)ノ。書き換えるだけの事務手続きのみなので新たに試験などは必要なく、日本の普通免許を持っていれば発行してくれます(。・ω・)ノ。発行可能な機関などは各都道府県などにより異なるので確認が必要です( ´・ω・)o_∠。

発行から1年しか期限がないのでそれを過ぎたら日本に戻っての再交付をしてもらう必要があります。あくまで短期での臨時の運転免許証であることを忘れないでくださいね(。 ・ v ・ 。)ノ

パソコンやスマホなどのデバイス

topics_191_1

出典元:http://www.macjapan.co.jp/

今や情報化時代となっていますのでパソコンやスマホは必需品となっていますね(o´▽`)ノ。
長期で旅をするとなればなおさらパソコンなどは必要になってきます♪(*・∀・)。
現地の情報やホテルや航空券の予約など海外こそなくては不便で仕方がないでしょうヾ(・ω・`)ノ 。
ホテルや空港などでは無料のWIFIが使用できるので携帯電話も最悪のところ白ロムなどを持っていくとよいかもしれません。通話が必要な場合は都度現地でプリペイド携帯を持ってもいいし、SNSの無料通話を使用してもいいですね*・∀・`)ノ゙。

重要書類のコピー

長期での海外旅行となれば何が起こるかわかりませんね。ましてや外国なので自己責任の比率もかなり高くなってきますヾ(o´∀`o)ノ。

パスポートやビザ、クレジットカードなどの重要なもののコピーは必ず取っておくようにしましょうε(*´・ω・)з。
私は重要なものを全てコピーをして2セット用意しておきました。やっぱり備えておけば心も安心しますよね
USBなどで保管して財布などに入れておいてもいいかもしれません(。・o・。)ノ 。

常備薬など

jyobiyaku1

出典元:http://shinagawaph.blog.fc2.com/

私も長期・短期の旅行に限らず必ず常備薬は持っていくようにしています☆(´ゝ∀・`)ノシ。風邪薬や目薬など普段使っているものは入れていきますし、しかもなるべくかさばらない程度ギリギリまで持っていくようにしています(oゝд・o)ノ。風邪薬やビタミン剤などは1年であればそれ相当の量は持っていくカンジですね(。≧ω≦)ノ

スーツケースとドラムバックなどのサブバッグ

yjimage

出典元:http://syuri.biz/

長期旅行として長い間世界各国を移動しているとスーツケースなどにもだんだんダメージがかかり損傷していきます|*・∀・`)ノ゙。そして、長期滞在ともなればスーツケース以外の移動というのも出てきますねヾ(・ω・`)ノ。なのでスーツケース以外としてドラムバッグやリュックなど少なくともスペアや予備として2~3くらいは他のバッグを持参しておくことをおススメします(*´・∀・)p。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
長期の海外旅行となると何を持っていけばいいかなど、準備だけでもかなり大変なのではないでしょうか。
よく考えてみるとあれが足りないとか、これも用意したいとかはありますが出来るだけ不足がないようにしたいものですね三( ・∀・)ノ゙☆・。
やはりしっかりと準備したぶんだけ充実した旅になるとも思いますのではりきって用意していきましょう~(●・ω・)ノ☆!

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
飛行機で旅行に行くならエアアジア!!格安の料金で海外へ
 タイ、チェンマイの旅行記をブログに!象にも乗れる魅惑の都市
 バリ島に旅行に行きました お得な情報をブログで詳しく紹介します
 海外旅行、世界遺産へ行こう!おススメの歴史的建造物がたくさん!【アジア編】

長期旅行、海外へ行くなら!おすすめオーストラリアのルート

出典元:http://4travel.jp/

長期で旅行に行く場合には事前に十分なプランニングをしておく必要があります(o´・ω・`o)ノ 。海外の長期旅行であれば、なおさら詳細な計画をしたほうがよいでしょう。本記事ではオーストラリアに長期で旅行に行く際のおすすめのルートを紹介しておりますので参考にしてみてくださいね~☆(´ゝ∀・`)ノシ!

東海岸に主な都市

Passenger-Rail-Australia-Map出典元:https://ja.wikipedia.org/

オーストラリアは東海岸に主要な都市が並んでいます(o・∀・o)。日本からは空の玄関口としてケアンズ、南に下っていくとブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、キャンベラ、メルボルンという順列になっています(o´・ω・`)。広い国なのでそれぞれの都市の間隔、距離がかなりありますが、それぞれが国道で繋がっていますので車での移動も可能です(。≧ω≦)ノ。メルボルンの南には島としてタスマニア島がありますので、寄っていくのもいいかもしれません(ノo´・∀・)ノ゙ ⌒☆:。その他の主要都市としては、ケアンズから西にはダービィン、西海岸にはパースがあります(*・∀・)ノ。

スポンサーリンク

交通手段

image.adapt.1663.medium出典元:http://www.australia.com/

広大な土地を持つオーストラリア大陸は都市から都市に移動するにあたり、かなりの距離がありますので、基本的には飛行機での移動、利用をおすすめします━━ヾ(・ェ・`(o´・ェ・`o)´・エ・)ノ゙━━!!。数ヶ月の滞在予定であればレンタカーを借りたり、中古車購入などをして大陸を縦断してみても楽しいかもしれませんね(。・ω・)ノ゙。
飛行機を利用であればLCC航空としてエアアジア、タイガーエア、ジェットスターなどの会社を使えば格安の航空券を入手することができます(。≧ω≦)ノ。

宿泊施設

20150314_029出典元:http://www.joho.st/

長期の旅行となれば宿泊費用というのも安くおさえたいものですね。インターネットで探せば主要都市付近ではたくさんの宿泊施設を検索することができます。予算や条件を入力すれば最適な宿が見つかっちゃいますよ~+゚*(w´∀`w)*゚+。!
たくさんの検索サイトがありますが、私のおすすめはBOOKING.comです♪(o´・ω・`)σ。実際に利用した宿泊者たちがその宿のランク付けして評価しているからしっかりと質を見極めることができます(ノo´・∀・)ノ゙ ⌒☆:。

スポンサーリンク

ケアンズ付近の街と島

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケアンズはグレートバリアリーフとキュランダマウンテンという海と山の2つの自然の世界遺産を持つ場所として有名ですヽ(o´・∀・`o)ノわぁ♪。世界中からダイバーがこぞってやってくる地域でもあり、その海のキレイさには圧巻してしまうことでしょう。+.。゚:;。+゚( 。・▽・ 。) 。+.。+。ケアンズの街自体もかなり穏やかな場所で数ヶ月過ごしましたが、とっても快適な場所でした。すぐ近くにスーパーなどもあり街がコンパクトなので全てが徒歩圏内なのも魅力的。宿泊費や食費などの生活費はかなり抑えられるので長期滞在にはもってこいの場所なんです。家賃と食費で頑張れば1ヶ月で10万円以下でも生活できますよヽ(o´・ω・`o)ノ゙

7-6_photo2出典元:https://welove.expedia.co.jp/

ケアンズからポートダグラス、パームコーブなどの街へのアクセスは国道44号線と91号線を利用して行くことになります。有名な島として、グリーン島、フィッツロイ島、フランクランド島がケアンズ付近にあるので、ケアンズ滞在の際には街のショップで予約を取り、訪れてみることをおススメします(★´・З・)ノ 。ども島も絶景の海が見れちゃいますよ(*´・∀・)p☆

東海岸の街や村、港

ケアンズから東海岸を南下していくと、ブリスベンまでは大きな街はあまりありません。長期滞在で仕事をしながら過ごすのであればロックハンプトンやバンダバーグなどで農業などをしながら金銭を稼ぐ人もいますが、観光であれば立ち寄る必要は無いと思いますヾ(・ω・`)ノ 。

フレーザー島

worldheritage315_1_20110829191049出典元:http://dlift.jp/photo/

ブリスベンからは比較的近いハービーベイという港町から船に乗って世界遺産であるフレーザー島という場所へ行くことができますε(*´・ω・)з。ハービーベイには空港があるので利用して港までアクセスすればいいかもしれません(。 ・ v ・ 。)ノ ♪。

Fraser Island Beach2出典元:http://www.lgn.co.jp/

フレーザー島は島全体が砂でできている島で非常に珍しく、世界遺産に登録されました。世界各国から観光客が訪れる人気の島であります*・∀・`)ノ゙。港から出ている船は1日に2~3便しか出ていないので通常はハービーベイの街で宿を取って1泊するというのが普通になっていますヾ(o´∀`o)ノ。

ブリスベン

page-school-brisbane01出典元:http://yac-agency.com/

ブリスベンの街はかなり整備されていて、オーストラリアの中でも住みやすい街として好評があります。
実際のところ語学留学の中でも人気の都市になっていて、留学先として選ぶ人も多いです。都市のサイズとしても小さ過ぎず大き過ぎずで丁度いいと感じるかもしれません。観光スポットはほとんど街の中心にあるので徒歩でも周ることが出来ます。
さらには市民の交通の足としての小型の船が出ているので便利です。観光に行った際も乗ってみることをおススメします。

ceb17e9f62出典元:http://minkara.carview.co.jp/
ブリスベンから近いローンパインという動物園がありますが、バスなどで1時間くらいでアクセスできます。
こちらは広い敷地内にオーストラリア固有の動物が数多くいて、園内を歩きながらかなり近い距離で触れることができます。
コアラ、カンガルー、エミューなどがいて、直接餌付けができたりするのでとっても楽しいですよ~

ゴールドコースト

Gold-Coast出典元:http://www.nihongoiryo.com.au/

ブリスベンから電車やバスなどでおよそ2~3時間程で到着可能な観光都市ゴールドコースト。この2都市は近いので両方行かないともったいないかもしれません!
年間平均240日以上が晴天という恵まれた気候かつビーチが一帯に広がっています。

gold_coast_1出典元:http://bibouroku-jp.com/

海岸沿いに街が反映していてすぐ近くには高級マンションやブランド店、サーフショップなどがあり、ほとんど全て揃っています。観光に訪れた際には徒歩でほとんど回ることができます。さらに海岸線に平行してトラムが走っているので移動も楽チン。私は訪れた際にはサーフィンと電動スクーターで街を走ったりしました。海の風を感じながらの走行がと~っても気持ちよかったですよ

シドニー

Sydney_Opera_House_Close_up_HDR_Sydney_Australia出典元:http://matome.naver.jp/

オーストラリア最大の都市とされているシドニー。世界三大美港の1つとされているだけあって港はかなりキレイです。そしてその港の近くにはオペラハウスもあって画になる風景ばかり。港近くは白が基調とされていて海の青と白のコントラストが美しさを際立たせています。近くにいくとカモメが多く飛んでいて、外でレストランで食事をしていてもその風景を感じ取ることができるでしょう。

hotel_main_20140616135843_lg_pc出典元:http://hiltonhotels.jp/

シドニーからバスで一時間ほどにボンダイビーチがありますが、その近くから海岸線を徒歩で歩ける遊歩道があり広大な海を横手に歩くことができます。ボンダイビーチの他にも他のビーチが隣接していてその道を歩いていけばたくさんのビーチを見ることが出来ちゃいます。美しい海岸線をゆっくりと堪能してみてくださいね~

メルボルン

flinders-street-station_mel_r_1460109_1150x863出典元:http://jp.visitmelbourne.com/

オーストラリアでシドニーに次ぐ、第二の都市とされるメルボルン。この都市はヨーロッパ調の建物も多くとってもオシャレな街なんですね。ファッションやグルメの街とも言われており、オーストラリアでは有名です。実際のところ他の都市と比べたら建物が英国調が多いことに驚くかもしれません。

great-ocean-road出典元:http://www.lgn.co.jp/

ワインの産地としても知られており、付近にはワイナリーが無数に存在している地域でもあるんです。さらには日本の自動車のCMに起用されていたグレートオーシャンロードなどもあってかなり有名でもあります。魅惑の都市メルボルンは街を周るだけでも楽しいですよ~。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本記事は私が実際に旅をして訪れた場所を実体験を踏まえて紹介しています。
どの都市も素晴らしいですが、やはり長期となればしっかりと事前に計画をたてて行きたいものですよね。
正に備えあれば憂いなしというものであります。

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
飛行機で旅行に行くならエアアジア!!格安の料金で海外へ
 タイ、チェンマイの旅行記をブログに!象にも乗れる魅惑の都市
 バリ島に旅行に行きました お得な情報をブログで詳しく紹介します
 海外旅行、世界遺産へ行こう!おススメの歴史的建造物がたくさん!【アジア編】