ワーキングホリデーを利用してオーストラリアで仕事!その種類は? 

今 この記事を見ている方は、オーストラリアへワーホリへ行こうと考えていると思います。

でも、現地での生活をどうするか。 特に生活における仕事は探すことができるのか?なんて不安がありますよね。

私自身も、いざワーホリで行こうと考えたときに、1番心配だったのが仕事なんです。
十分な資金があれば、さほど心配無いと思いますが、やっぱり仕事が無いと不安。

では、オーストラリアでどのような仕事があるのか、どの仕事が日本人がつきやすいかなどを
管理人の経験を踏まえて紹介していきたいと思います。

オーストラリアで仕事を得るのは簡単なことではありません。

ワーホリを利用して現地で働きたいと考えている方はたくさんいるので、倍率は結構あると考えた方がよいでしょう。



主要都市からはじめるワーキングホリデー

出典元:https://tabizine.jp

オーストラリアにワーホリするとなると、初めに到着する第一の都市というのはメジャーなところが多いと思います。

シドニー、ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズ、メルボルンなどなど。

これらは一度は耳にしたことがある都市ですし、多くの人が訪れるので仕事を得る上でも多少苦労するかもしれません。

特に歩いていける範囲で考えると、職場は限られてきます。

特にケアンズなどは駅という概念がほぼ無いので、街の中心部の倍率はかなり高く、仕事が見つけづらいかもしれません。
(ケアンズは住宅街としての駅はほぼありません。メインストリートに飲食店が多数ありますが、それがダメだと見つけるのは大変と感じますね。)

実際ケアンズで滞在していたところ、管理人はショッピングモールの寿司屋で働くことが出来ましたが、ちょうど空きのあるタイミングで面接をしたからだと思います。

他の日本人や外国人なども、2~3週間以上や長いと1~2ヶ月も仕事が見つからないというケースはよくあります。

選択肢としてですが、メルボルンやシドニー、ブリスベンなどでメインエリアから何駅か降りたところで探すということも必要になってくるかもしれません。

スタンスとしては、少なくとも2~3ヶ月くらいは仕事をしなくても良い資金を持っていくことです。
初めに到着した都市で、タイミングなどを含めて仕事を得るのが難しい場合には、他の都市へいくということは必要ですが、その見極めの期間などもあると思います。

1つの都市で2~3週間住んで観光をしながら仕事を探してみる。
そういった余裕のあるスタンスであればきっと楽しいワーホリになると思いますよ。

スポンサーリンク

都市中心部での仕事

出典元:http://www.tucsonpimawaterstudy.com/

では、実際にオーストラリアでどのような仕事があるのかをいくつか紹介していきます。

先ほどからお話しているのですが、都市での仕事はたくさんあります。
仕事というと幅は広いのですが、ワーキングホリデー利用者が一般的にしているというベースでのお仕事を挙げています。

レストランウェイター

日本だと仕事を得る上では難易度は高くないのですが、アジア人である日本人がオーストラリアでウェイターをやるのは少し難易度が高いです。

一般会話はもちろん、少しの敬語や料理メニューを即座に理解するなどは最低限必要な英語スキルです。

今こちらを挙げていますが、日本人でウェイターのポジションをした人はあまり見かけなかったというのが現状です。

狙うとすれば、大きなお店ではなく比較的人通りが少ないような場所で、まったりとしたカフェなどが良いでしょう。日本人が経営しているのであれば可能性は高くなります。

日本食レストラン

上記と重なるところがありますが、純粋に日本食を提供している場所は狙い目です。

当然ながらオーナーも日本人が多い為、空きがあったり気に入ってもらえたりすると採用されやすい傾向があります。

しかし、考えることはみんな一緒で、まず第一に日本食レストランのバイトに応募する傾向があるので倍率を考えると非常に狭き門とも言えるでしょう。

寿司屋、ラーメン屋、定食屋さん、お弁当屋さん、などがあります。

主要都市には何件あるかというレベルなので、受かったらラッキーと考えておいた方が無難かもしれません。

キッチンハンド

レストラン勤務の部類に入りますが、シェフなどの補助のポジションになります。

大きなホテルでのポジションは極めて難しいですが、小さな個人経営のレストランでの料理補助であれば十分に可能性があります。

キッチンホール内での料理を作るための材料の運搬や皿洗い、シェフからウェイターへの料理オーダーの中継など多岐に渡りますが、行う内容というのはお店によって全く異なります。

必須スキルとして、円滑なコミュニケーションが必要となるため、英語力はある程度無ければ厳しいと言えるでしょう。

清掃員

かなり稀ではありますが、レストランやスーパーなど清掃のみ募集をしていることがあります。

清掃するだけであれば、一度内容を覚えれば問題ないことが多いので、英語スキルは高く求められることは少ないでしょう。

しかし、案件として募集されることが少ないのであまり期待できる仕事という感じではないかもしれません。

お土産屋さん

出典元:http://blog.livedoor.jp

こちらもアルバイトを受付していることが多いお店の1つではありますが、日本食レストラン同様で倍率は高めです。

多少の英語が出来れば採用される可能性は高いのですが、これも店舗数が限られているために倍率が高い傾向にあります。

個人的な意見としては、ちょっと都市の外れにある場所などを狙うといいかもしれません。駅から離れていたり、街から離れている場所などは、応募に来る人数が少ない可能性が高いため、とりあえす応募してみましょう。

マッサージ屋

これは比較的受け皿のある仕事であるかもしれません。

免許などは要らないことが多いですし、ショッピングモール施設にスペースがある店舗であれば、人手が足りない可能性があるからです。

しかしながら、お店によっては歩合制での賃金形態があるため、安定的に稼ぐことを考えると少し不安になるかもしれません。(そういったお店ばかりではありませんが。)

あらゆる仕事の面接を受けたけれど、受からない場合の手段として捉えておくといいかもしれません。

ホテルでのお仕事

オーストラリアは観光立国とされており、ホスピタリティにおける仕事というのはとても確立された国であります。

ホテルの仕事というのは、オーストラリアではなかなか立派な仕事であるという認識があるようです。

ワーキングホリデーを利用の方がいきなり仕事を得るのは簡単ではありませんが、いくつか方法があります。

①現地の専門学校を出る
②日本での経験がある
③エージェントを利用する
④コネクションを利用する

これはあくまで例でありますが、ワーホリだけのスタンスで現地でホテルで仕事をしたい場合にはエージェントを利用するといいかもしれません。少し費用が掛かりますが、それでも希望の仕事ができる可能性は高いです。

郊外や田舎での仕事

農場での仕事

出典元:http://higantehoikushi.com

都市部でなかなか仕事が無い場合、ファーム(農場)での仕事を検討してみるといいかもしれません。

ファームといっても無数にあるので、その中から選ぶしかないのですが、広大なオーストラリアという土地柄ということもあり、かなり辺鄙な田舎の地域での職場となるケースが多いです。

車で数時間とか、飛行機を経由してからまた車で移動など、街から離れて住み込みで働くということは覚悟しなければなりません。

仕事内容としては、季節の食べ物や果物などの収穫作業がメインとなります。他にも場合によっては牛の乳搾りや世話・えさ係など、農場によって異なりますので選択が必要です。

工場での仕事

工場の仕事もあります。多いのは精肉工場での仕分け作業などでしょうか。

こちらも都市から離れた場所に工場があるケースがほとんどであるので、住み込みでの労働生活となることがおおいですね。

仕事場によりけりですが、かなりハードなものが多いようですので、お金をためる目的であってもご自身で期間や限度、目標金額を決めておかないと、せっかくのワーホリ生活が仕事だけになってしまうこともあるので注意しましょう。

その他

海でのお仕事

広大で綺麗な海を持つオーストラリア。

都市によっては海でのお仕事があったりします。

例えばダイバーとして働いたり、船上クルーズ員として働いたりと結構魅力的なものが多いです。

でも、これらの職種はライセンスが必要だったり、専門知識やある程度の経験と英語力が求められることが多いようです。

しかし! せっかくオーストラリアに来たからには興味のある方であれば是非挑戦してみて欲しい仕事の1つであります。 チャンスは少なからずあるので、まずは応募してみましょう。

リゾートバイト

リゾートバイトというと、結構憧れる方も多いのではないでしょうか。

綺麗な海の孤島で優雅に仕事をするという楽しみもありますよね。オーストラリアには観光地としてのリゾート地は多数あるので、応募してみるといいかもしれません。

かくいう管理人もリゾートアイランドにてホテルマンとして働いた経験があります。

とあるゴールドコーストやブリスベンから南に下った島なのですが、結構大変でした。
旅行などで行くのと、働くのではやっぱり違うんですよね。

それでも働きながらそのリゾートのことをよく知ることが出来るし、マリンスポーツなどのアクティビティを無料や格安でできたりするので、いいことが多いのは間違いありません。

管理人のコメント

オーストラリアで仕事を見つけるのは正直なところ、簡単ではありません。

英語力や専門的な能力がある方は別かもしれませんが、そうでない方に関しては恐らく仕事を得るまでに少々苦労するかもしれません。

それと、アドバイスとしてはワーキングホリデーで現地に行く前にしっかりと渡航する目的を決めておいた方がいいと思います。

ワーホリというのは、1年の期限付きながら実に何でもできるビザです。ですので、旅をするのもいいし、ホームステイしたり、現地の学校へ行ったり出来るなど選択肢は幅広いです。

その中の1つとして仕事が出来るというスタンスを持ちながら、色々なことをしてみるという気持ちで行けばかなり充実した生活が送れるのではないでしょうか。

現地でガッツリと働いた場合にはかなりの金額を得ることはできるかもしれません。ですが、一生に一度のワーキングホリデーと考えた場合には仕事だけでなく、人生も豊かになるような体験をしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オーストラリアでワーキングホリデーを利用した際の仕事について紹介しています。

管理人が実際にワーホリでオーストラリアで働いたこともある経験も踏まえて記事にしています。

これらの仕事以外にも多数あるかもしれませんが、参考までに読んでいただければなと思います。

こんな記事もよく読まれています

海外旅行保険は人気のAIUで!留学先でも適用できる!短期・長期どちらもOK
海外旅行でおすすめの国や都市をランキング!あなたはどこへ行きたい!?
iphoneなど海外旅行でwifi環境や設定はどう整える?おすすめの方法

asakusa shopping nakamise and enjoy around sensoji temple area

Asakusa area which prospered as the busy shopping area from the Edo period
At present, too, in Tokyo where the atmosphere of the downtown can be noticed, as the special area, it is a very popular tourist resort to the Japanese or the customer from the foreign country.

Asakusa which is located in the eastern part in Taito Ward which was put in Bunkyo Ward and Sumida Ward and can touch various historic landmarks and cultures
The highlight which, too, is a home at Tokyo SKYTREE which is a face in new Tokyo is being fully loaded.

Asakusa which is a famous tourist resort worldwide is dotted with various tourist attractions.
Because the access from Haneda Airport and Tokyo station, too, is good about Asakusa, a lot of foreigner excursionists, too, come.

Kaminarimon and Senso-ji of the red paper lantern which is big if saying a land mark in such Asakusa
I enjoy a purchase at the shopping district such as Nakamise, it travels around tourist attraction by taking a jinricksha and it is possible to enjoy a cherry tree in the spring and a firework in the summer, too.

If enjoying a hippodrome on the Asakusa entertainment hall, let’s attempt to pay out just as it is to Asakusa sightseeing, too.

スポンサーリンク

Senso-ji temple

RS=^ADBkttd

The source origin: https://matome.naver.jp/

If saying Asakusa, it is the land mark that there are many persons who imagine this Kaminarimon
With the temple gate in Senso-ji, it says an official name to be a wind god of the thunder gate.
Conveniently for the waiting, too, both the start spot of Asakusa sightseeing is a healing spot.

Senso-ji in tourist attraction which represents Asakusa was prosperous as Tokugawa government’s gurdwara.
Anything and 30 million excursionists, too, come every year.

The highlights will be ” Kaminarimon ” who may say the entrance in Senso-ji to know person to know after all.It passes through famous ” Kaminarimon ” and it calls to the walking nave in the end of the approach to Shrine.

As for Senso-ji, the various divine favor such as the history, the love – the study – the health will be gotten with ” prayers’ being accomplished “.

After all, Senso-ji is basics in Asakusa sightseeing’s being basic.
Senso-ji which general Tokugawa Iemitsu of 3 generations reared every ( 1649 ) years of 2 pieces of Keian
The present nave was reconstructed by 33 pieces of 1958 Shouwa.
The pompon principal image which was made by the Merciful Goddess and Jikaku Daishi of the principal image and so on are enshrined in the sanctuary.
Let’s pull the omikuji of ” and the reputation which ” tries, going to the charm place if going and worshiping in the Kannon style, charging with the daily appreciating.
If having drawn ” misfortune ” by chance, link omikuji with the place of the specification and let’s call again to the Kannon style.

 

スポンサーリンク

Nakamise street

RS=^ADBcdNGZtrOqgPmhr_TeI3cdvLbD_I-

The source origin: https://www.flickr.com

Nakamise in Senso-ji which prospered from the Edo period The near 90 shop store stands in a row to the about 250 meter distance.
The beautiful scenery of the stone pavement and the unification illumination signboard is a very highly commended to the customer from the foreign countries, too.

Nakamise is one of the oldest shopping districts in Japan.The population in Edo increased after Tokugawa Ieyasu opened Shogunate Government of Edo and the privilege of the branch sales was given to the resident Senso-ji nearly to Shrine.

This is the beginning in Nakamise. being built and chic Edo small articles of the specialty snack, the Japanese folding fan, the hair ornament, Edo small toy at the downtowns such as the thunderbolt causing and the Ningyouyaki cake and so on are overflowed on the street.

It will be delightful in only parading Nakamise while listening to the voice with the good authority which it is possible to hear from here and there at the shop, too.

Tokyo Skytree

 

RS=^ADB4785xmpKgzaSvZjpQWyEc_gN0Uw-

Tokyo SKYTREE which became one of already popular tourist attractions
When visiting Tokyo, it is one of tourist attractions to want to do beforehand by all means.

With the independent formula steel tower that the height is 634 m, it isn’t exaggerated even if it says scenery from the observatory to be the superb view which is the best of Japan.

Mainly in Tokyo SKYTREE, in the circumference area, shopping facilities and the facilities which are related to the amusement are enriched.

There is an observatory at 350 meters of the ground and in 450 meters and the superb view in noon to want a horizon, at night, it is possible to enjoy a superb view together with the night view of Tokyo which spreads under the eyes.

When crowded, to buy the ticket to go up to the observatory, the order ticket had better take the ticket because it is necessary and the one not to have more had better take leeway to the time.

By the way, it is possible to go by train from Asakusa station to Tokyo SKYTREE, too, and it is possible to go as much as 15 minutes even if it walks.Also, the circulation bus, the SKYTREE shuttle, too, is convenient.

It becomes popular as the compound cultural facilities in addition to the observatory which can get a bird’s-eye view of Tokyo which juxtaposed an aquarium, a planetarium, the large-scale shopping center and so on, too.

It is not the facilities which are in Asakusa but SKYTREE can be beautifully photographed from Asakusa.

Tokyo Soramachi

RS=^ADBsTpr5QIgQ0UIp

The source origin: https://matome.naver.jp

Also, I want to enjoy all together commercial establishment ” Tokyo ソラマチ ” which is in the Tokyo SKYTREE town.

The number of the shops and the restaurants is what and equal to or more than 300! A restaurant at the long-established store and a fashionable fashion store in addition to the souvenir which seems to be Tokyo and so on are enriched.Popular being as the good gourmet spot, too

 

Hana Yashiki

RS=^ADBctUnR867uVnrqk2HtkaLC151WRc-

Being Asakusa flower which is in Asakusa and coming are the retro amusement park which opens in 1853 and has about 160 year history.
It is a flower and it is said that it comes because the botanical garden which opened button Garden was a forerunner at the amusement park originally about the origin of the name, the putting-on.
Also, that the soubrettes in the Edo period, the inner palace made the place of the rest is famous.

Then, it tells that the playground equipment included one piece of Blanco.
After that, the various business type was taken but became the form of the amusement park like the present as the amusement establishment which represents entering Metropolitan area after the war.

At present, it is fond of alot of attractions, and the fair plaza, the eaing and drinking store as the amusement park in Asakusa which lines up in the squeeze.

n the Edo period, Blanco is said to have been the only playground equipment.
Being the flower of the retro and almost mysterious view of the world and coming are the amusement park which the adult can enjoy sufficiently.

The oldest existence roller-coaster is the recommendation attraction to want to ride by all means beforehand!

The Asakusa entertainment hall

RS=^ADBTSHfabhyNI9ypxJ9S

https://travel.mynavi.jp

” The Asakusa entertainment hall ” which is known as the sight to see in Asakusa, too
It knows a name but are there many, too, persons not to have been actually there?

How will the hippodrome first experience be with the couple? Performance is separately done by ” the matinee ” and ” the evening performance ” and there is a program at the entrance.There is performance until around 9 o’clock at night.

” The Asakusa entertainment hall ” which was born in 1964 is the entertainment hall where it is possible to enjoy various performance such as the rakugo and the comic act, the magic and the conto of what and the 365th anytime.

In the evening performance, there is said to be a lot of persons who enjoy a rakugo, having liquor in one hand, too.

Because the seat is very near from the stage, it is very charming for performance with power before the very eyes to be seen.

Then, because the Rakugo storytellers of the rakugo do an each time different trick,  they will enjoy even if it sees in many degrees.

When visiting Asakusa, let’s enjoy a leg by the progress to the first time ” the Asakusa entertainment hall “.

Imado shurine

 

RS=^ADBoAKn7Wt1J7NngUW2

The Imado shrine which is known as the god of the marriage
It is called another name ” the manekineko shrine “, too, and including the manekineko at the main shrine, at the precincts, the pretty manekineko is much.

It is the shrine where there is divine favor which is intolerable for the cat lover, too.

It is ” the Imado shrine ” if saying a famous marriage shrine in Asakusa.

Izanaginomikoto however, many persons charge with the wish of the marriage with Izanaginomikoto who is the God of husband and wife because it is deified and come to the worship with him.

Also, it is told that it does the shrine which causes a good match as the place where ” the manekineko ” was made first in the Edo period, too.The manekineko which is in the main shrineCause a good match with the long arm.For two edges to continue, we will pray.

The votive picture tablet at the Imado shrine has a circular form from the meaning of ” it doesn’t give offense ” ” perfect “.

Not the picture of horse but the manekineko are drawn but it, too, will be good to attempt to write in the memory of the worship.

Then, because it says that the wish is suitable for the stone statue, ” the stone stroking cat “, when it is portable after patting, takes a picture, making a wait screen and praying every day, when visiting an Imado shrine, it will return, taking a picture by all means.

Sumida Park

RS=^ADBJCHH6Wh23ACyz78haejux7BBszc-

It is Riverside Park which was opened based on the Tokyo revival plan after Great Kanto Earthquake.

Between Sumidagawa’s Azuma bridge – Sakurabashi, it is a sight to see at the cherry tree from the Edo period and a Sumita park cherry tree festival is done by the first ten days in April from the last ten days in March.

the Edo downtown tradition craft building

RS=^ADB2zvNHb6e4haR74LIrC3hdw6tHeo-

Asakusa is the city of the eminent manufacturing in Tokyo and there are many ateliers of the still traditional craftworks in it.

It is at ” the Edo downtown tradition craft building ” that it displays such a traditional craftwork, gathering it.

Edo cabinetwork which utilized the original grain which the tree has, and the copper
craftworks which beat sheet copper and then will the highlights are not the technology of the essential small decorations at the portable shrine after all?

Because the manufacturing can be seen every week on the weekend, attempt to buy by all means if there is one to want.

http://www.kotolog.jp/

The Jinrikisha

RS=^ADBEB2PejjQAr3MFh2tYMvfxZ9tA1U-

http://motokurashi.com

The motorcycle where the person runs by pulling ” the jinricksha ” which is called the regular of Asakusa sightseeing, tooIt is possible to get on to two per set.

The point which the rickshaw man who knows Asakusa well notifies a sight to see in the happy hunting ground of more delightfully from famous tourist attraction has the attractiveness of the jinricksha.

In the company of the existing jinricksha, ” the time shop ” where there is excellent reputation specifically is providing Asakusa many wide rate charges to the course ( 32,500 yen per person ) for 3 hour by which it is possible to enjoy Asakusa slowly and carefully from the course in 30 7,000 yen minutes per person.

Taking a jinricksha, I come to understand geography in rough Asakusa when attempting to make a tour of Asakusa turning around.

Because there are various courses such as the reserving in 30 minutes, the reservation in 60 minutes from section 走, it should attempt to do a choice according to the time and the fee, should not it?
The time has passed in no time when hearing the funny guide of the rickshaw men.

スポンサーリンク

The generalization

How will it have been?
It is introducing mainly regular tourist attractive place in Asakusa.
Because it is a popular spot as the place which the people of the foreigner who visits Japan visit, it is very interested.
Attempt to search because there are local life and so on or a lot of places in addition to the culture and the history of Japan which can be felt and so on.

長期旅行、海外へ行くなら!おすすめオーストラリアのルート

出典元:http://4travel.jp/

長期で旅行に行く場合には事前に十分なプランニングをしておく必要があります(o´・ω・`o)ノ 。海外の長期旅行であれば、なおさら詳細な計画をしたほうがよいでしょう。本記事ではオーストラリアに長期で旅行に行く際のおすすめのルートを紹介しておりますので参考にしてみてくださいね~☆(´ゝ∀・`)ノシ!

東海岸に主な都市

Passenger-Rail-Australia-Map出典元:https://ja.wikipedia.org/

オーストラリアは東海岸に主要な都市が並んでいます(o・∀・o)。日本からは空の玄関口としてケアンズ、南に下っていくとブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、キャンベラ、メルボルンという順列になっています(o´・ω・`)。広い国なのでそれぞれの都市の間隔、距離がかなりありますが、それぞれが国道で繋がっていますので車での移動も可能です(。≧ω≦)ノ。メルボルンの南には島としてタスマニア島がありますので、寄っていくのもいいかもしれません(ノo´・∀・)ノ゙ ⌒☆:。その他の主要都市としては、ケアンズから西にはダービィン、西海岸にはパースがあります(*・∀・)ノ。

スポンサーリンク

交通手段

image.adapt.1663.medium出典元:http://www.australia.com/

広大な土地を持つオーストラリア大陸は都市から都市に移動するにあたり、かなりの距離がありますので、基本的には飛行機での移動、利用をおすすめします━━ヾ(・ェ・`(o´・ェ・`o)´・エ・)ノ゙━━!!。数ヶ月の滞在予定であればレンタカーを借りたり、中古車購入などをして大陸を縦断してみても楽しいかもしれませんね(。・ω・)ノ゙。
飛行機を利用であればLCC航空としてエアアジア、タイガーエア、ジェットスターなどの会社を使えば格安の航空券を入手することができます(。≧ω≦)ノ。

宿泊施設

20150314_029出典元:http://www.joho.st/

長期の旅行となれば宿泊費用というのも安くおさえたいものですね。インターネットで探せば主要都市付近ではたくさんの宿泊施設を検索することができます。予算や条件を入力すれば最適な宿が見つかっちゃいますよ~+゚*(w´∀`w)*゚+。!
たくさんの検索サイトがありますが、私のおすすめはBOOKING.comです♪(o´・ω・`)σ。実際に利用した宿泊者たちがその宿のランク付けして評価しているからしっかりと質を見極めることができます(ノo´・∀・)ノ゙ ⌒☆:。

スポンサーリンク

ケアンズ付近の街と島

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケアンズはグレートバリアリーフとキュランダマウンテンという海と山の2つの自然の世界遺産を持つ場所として有名ですヽ(o´・∀・`o)ノわぁ♪。世界中からダイバーがこぞってやってくる地域でもあり、その海のキレイさには圧巻してしまうことでしょう。+.。゚:;。+゚( 。・▽・ 。) 。+.。+。ケアンズの街自体もかなり穏やかな場所で数ヶ月過ごしましたが、とっても快適な場所でした。すぐ近くにスーパーなどもあり街がコンパクトなので全てが徒歩圏内なのも魅力的。宿泊費や食費などの生活費はかなり抑えられるので長期滞在にはもってこいの場所なんです。家賃と食費で頑張れば1ヶ月で10万円以下でも生活できますよヽ(o´・ω・`o)ノ゙

7-6_photo2出典元:https://welove.expedia.co.jp/

ケアンズからポートダグラス、パームコーブなどの街へのアクセスは国道44号線と91号線を利用して行くことになります。有名な島として、グリーン島、フィッツロイ島、フランクランド島がケアンズ付近にあるので、ケアンズ滞在の際には街のショップで予約を取り、訪れてみることをおススメします(★´・З・)ノ 。ども島も絶景の海が見れちゃいますよ(*´・∀・)p☆

東海岸の街や村、港

ケアンズから東海岸を南下していくと、ブリスベンまでは大きな街はあまりありません。長期滞在で仕事をしながら過ごすのであればロックハンプトンやバンダバーグなどで農業などをしながら金銭を稼ぐ人もいますが、観光であれば立ち寄る必要は無いと思いますヾ(・ω・`)ノ 。

フレーザー島

worldheritage315_1_20110829191049出典元:http://dlift.jp/photo/

ブリスベンからは比較的近いハービーベイという港町から船に乗って世界遺産であるフレーザー島という場所へ行くことができますε(*´・ω・)з。ハービーベイには空港があるので利用して港までアクセスすればいいかもしれません(。 ・ v ・ 。)ノ ♪。

Fraser Island Beach2出典元:http://www.lgn.co.jp/

フレーザー島は島全体が砂でできている島で非常に珍しく、世界遺産に登録されました。世界各国から観光客が訪れる人気の島であります*・∀・`)ノ゙。港から出ている船は1日に2~3便しか出ていないので通常はハービーベイの街で宿を取って1泊するというのが普通になっていますヾ(o´∀`o)ノ。

ブリスベン

page-school-brisbane01出典元:http://yac-agency.com/

ブリスベンの街はかなり整備されていて、オーストラリアの中でも住みやすい街として好評があります。
実際のところ語学留学の中でも人気の都市になっていて、留学先として選ぶ人も多いです。都市のサイズとしても小さ過ぎず大き過ぎずで丁度いいと感じるかもしれません。観光スポットはほとんど街の中心にあるので徒歩でも周ることが出来ます。
さらには市民の交通の足としての小型の船が出ているので便利です。観光に行った際も乗ってみることをおススメします。

ceb17e9f62出典元:http://minkara.carview.co.jp/
ブリスベンから近いローンパインという動物園がありますが、バスなどで1時間くらいでアクセスできます。
こちらは広い敷地内にオーストラリア固有の動物が数多くいて、園内を歩きながらかなり近い距離で触れることができます。
コアラ、カンガルー、エミューなどがいて、直接餌付けができたりするのでとっても楽しいですよ~

ゴールドコースト

Gold-Coast出典元:http://www.nihongoiryo.com.au/

ブリスベンから電車やバスなどでおよそ2~3時間程で到着可能な観光都市ゴールドコースト。この2都市は近いので両方行かないともったいないかもしれません!
年間平均240日以上が晴天という恵まれた気候かつビーチが一帯に広がっています。

gold_coast_1出典元:http://bibouroku-jp.com/

海岸沿いに街が反映していてすぐ近くには高級マンションやブランド店、サーフショップなどがあり、ほとんど全て揃っています。観光に訪れた際には徒歩でほとんど回ることができます。さらに海岸線に平行してトラムが走っているので移動も楽チン。私は訪れた際にはサーフィンと電動スクーターで街を走ったりしました。海の風を感じながらの走行がと~っても気持ちよかったですよ

シドニー

Sydney_Opera_House_Close_up_HDR_Sydney_Australia出典元:http://matome.naver.jp/

オーストラリア最大の都市とされているシドニー。世界三大美港の1つとされているだけあって港はかなりキレイです。そしてその港の近くにはオペラハウスもあって画になる風景ばかり。港近くは白が基調とされていて海の青と白のコントラストが美しさを際立たせています。近くにいくとカモメが多く飛んでいて、外でレストランで食事をしていてもその風景を感じ取ることができるでしょう。

hotel_main_20140616135843_lg_pc出典元:http://hiltonhotels.jp/

シドニーからバスで一時間ほどにボンダイビーチがありますが、その近くから海岸線を徒歩で歩ける遊歩道があり広大な海を横手に歩くことができます。ボンダイビーチの他にも他のビーチが隣接していてその道を歩いていけばたくさんのビーチを見ることが出来ちゃいます。美しい海岸線をゆっくりと堪能してみてくださいね~

メルボルン

flinders-street-station_mel_r_1460109_1150x863出典元:http://jp.visitmelbourne.com/

オーストラリアでシドニーに次ぐ、第二の都市とされるメルボルン。この都市はヨーロッパ調の建物も多くとってもオシャレな街なんですね。ファッションやグルメの街とも言われており、オーストラリアでは有名です。実際のところ他の都市と比べたら建物が英国調が多いことに驚くかもしれません。

great-ocean-road出典元:http://www.lgn.co.jp/

ワインの産地としても知られており、付近にはワイナリーが無数に存在している地域でもあるんです。さらには日本の自動車のCMに起用されていたグレートオーシャンロードなどもあってかなり有名でもあります。魅惑の都市メルボルンは街を周るだけでも楽しいですよ~。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本記事は私が実際に旅をして訪れた場所を実体験を踏まえて紹介しています。
どの都市も素晴らしいですが、やはり長期となればしっかりと事前に計画をたてて行きたいものですよね。
正に備えあれば憂いなしというものであります。

こんな記事もよく読まれています

長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート
飛行機で旅行に行くならエアアジア!!格安の料金で海外へ
 タイ、チェンマイの旅行記をブログに!象にも乗れる魅惑の都市
 バリ島に旅行に行きました お得な情報をブログで詳しく紹介します
 海外旅行、世界遺産へ行こう!おススメの歴史的建造物がたくさん!【アジア編】