ラスベガスへ旅行に行くなら!?服装のおすすめと注意点

出典元:http://yumenofirst.hateblo.jp/

アメリカの代表的な観光スポットである『ラスベガス』

メインのストリップ通りでは豪華なホテルが立ち並び、観光客を迎えてくれますヾ(*≧∀≦*)ノ。

ラスベガスは砂漠の観光地なので、服装には特に注意が必要です。

本記事ではラスベガス滞在の際に適した服装を紹介していますので
これから現地に旅行へ行かれる方は参考にしてみてくださいね ε(*´・∀・`)зε(´・∀・`*)з

砂漠の乾燥都市

2008_02090030出典元:http://itemae.cocolog-nifty.com/

『ラスベガス』というのは砂漠の中にある都市で、かなり乾燥した土地柄になっています。
特に肌が弱い方は、ホテルが立ち並ぶストリップ通りの周辺も乾燥帯になっているので注意が必要です。薄着の長袖と長ズボンをおススメします (●´・∀・`)ノ”。
太陽の日差しが強いのに加えて、風で砂が飛んでくることもありますので半袖は避けたほうがいいかもしれません。

イメージとしては、日差しの熱を受けづらい白のズボンなどに薄い羽織るシャツというカンジでしょうか
女性であればワンピースなどで羽織るものと帽子があってもいいかもしれません。

日差しが強いのでサングラスとタオルもあったら便利ですね d(*^v^*)b

スポンサーリンク

昼は暑くて夜は涼しい

img_35出典元:http://blogs.yahoo.co.jp/

『ラスベガス』は砂漠の中にある都市ですが、一日中暑いと思ってはいけません。

砂漠といのは昼は暑く夜は涼しくなるというのが一般的です (;´・ω・)y–ェエェ。。
『ラスベガス』でも気温はこれに当てはまるので昼に羽織っているシャツ以外として
念のためもう1つ上着を持っていくことをおススメします。
特に秋以降は気温変化が激しい時期となりますので、突然の体調不良を起こさないためにも
上着は必須ですよ~ (´p・ω・q`)

スポンサーリンク

派手な格好は避ける

dc2d1224e7d4904234aa7b1df1e9e4d907b71429.26.2.9.2出典元:http://plaza.rakuten.co.jp/

旅行で外国に行くとなればついつい気が緩んで
いつもと違うような派手な格好で現地に行きたくなりますが、
ここで気をつけてほしいのは服装なんですねΣ(´ω`*)。

アジア人で欧米デザインの服の格好をしている日本人は多いですが、
少し控えめにしたほうがいいかもしれません (*゚Д゚*)ェ…。
大通りを歩いていても、体格の小さい日本人は欧米人に目を付けられやすい傾向があります

比較的安全な『ラスベガス』ですが、トラブルに巻き込まれない服装をおススメします オオオ(・ω・三・ω・)オオオ

ドレスコード

9a0b43bd出典元:http://trip.kikusan.com/

欧米諸国ではドレスコードなるものが存在しています。
これはレストラン以外にも式典やパーティーなどで正装が必要ですという意味なんですね。エエェ(・ω・三・ω・)ェエエ
『ラスベガス』でもこれは適用しているお店などが多いので、
可能であれば薄手で夏用のスーツなどを1着持っていくとよいでしょう。
用意しておけば現地でステキなレストランを見つけても堂々と入ることが出来ます ドウダo(・д・´*)9。

女性の場合は出来るだけカジュアルでないドレスがよいですね

もしスーツやパーティー用のドレスを持っていくのが面倒という場合は
着用していく服装をできるだけフォーマルにしておくと良いと思いますヽ(*´v`*)ノ。
店外にいるセキュリティは服装で判断してガッチリ止められちゃいますので覚えておいて下さいね

持って行くと便利なもの

190b306e9af81ba45eaf574f279c9cd66bd4cd2f_p出典元:https://www.travelbook.co.jp/

海外というと日本とは違い何かと不便や予期しない事が起きたりします。

普段使用している常備薬はもちろんですが、
その他に持って行った方がいいものをリストアップしておきます 人(*`・∀・´*)人

・日焼け止め

・虫除けスプレー

・万能塗り薬(オロナインなど)

これらは海外旅行傷害保険などの適用で支給されたり、ホテルに用意してあったりするケースも
ありますが、やはりは自分で常に持っておくと不足の事態にも対応できますね
肌などの身体に関わることとしては大切なので準備は万全にして旅行に臨みましょう ヽ(・∀・)ノワ

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
『ラスベガス』に旅行に行く際の適した服装について書いてあります。
観光地特有の地形により気温などは大きく違いますね。
気温以外にも服装によって判断されることは多いですし、外国となればなおさらです。

参考にして頂きたのしいラスベガス旅行にして下さいね v(*´>ω<`*)v

こんな記事もよく読まれています

 海外旅行 wifi 必要か? 実際の海外滞在から検証をブログに
 世界一周旅行、英語できないとダメ!?というウワサは本当か
 アジアの英語圏の国へ旅行しよう!意外とあった近場の国
バリ島に旅行に行きました お得な情報をブログで詳しく紹介します
オーストラリアの旅行 一番格安でコアラが見れる場所はどこ? 

関西-旅行-ランキング-子供関西に旅行に行くなら!?ランキングで子供に人気の場所

タイ,チェンマイ,旅行記,ブログ,象タイ、チェンマイの旅行記をブログに!象にも乗れる魅惑の都市

関連記事

  1. メルボルン,旅行,レンタカー,観光スポット 

    メルボルンへの旅行はレンタカーが便利!遠くの観光スポットも楽々ア…

    出典元:http://www.australia.com/オーストラリア第三の都市であるメル…

  2. 海外旅行,持ち物,機内持ち込み,おすすめ,方法 

    海外旅行の持ち物、機内持ち込みとおすすめの方法を紹介! 

    出典元:http://4travel.jp/travelogue/海外旅行の準備として持ち物…

  3. 海外旅行,世界遺産,おススメ,イギリス

    海外旅行、世界遺産へ行こう!おススメの観光スポットがたくさん!【…

    出典元:http://worldheritagesite.xyz/ヨーロッパへ海外旅行に行っ…

  4. 長期旅行で海外に行くなら!?おすすめの東南アジアへのルート

    出典元:http://mery.jp/長期休暇が取れたらどこへ行きたいですか? ヨーロッパや…

  5. 卒業旅行,海外,おすすめ,ビーチ,大学生

    卒業旅行で行きたい海外のおすすめビーチを紹介!【大学生】

    出典元:http://matome.naver.jp/大学生などの卒業旅行となれば、なるべく…

  6. クロアチア,旅行,ブログ,地中海

    クロアチアへの旅行をブログに!美しい地中海の国を紹介 

    出典元:https://www.adria-ex.com/クロアチアといえば ヨーロッパでも…

  7. 海外旅行,wifi,必要,ブログ

    海外旅行 wifi 必要か? 実際の海外滞在から検証をブログに

    出典元:http://www.freetemplate.jp/海外に行くとなると どうしても…

  8. 海外旅行,英語,フレーズ,空港

    海外旅行で使う英語のフレーズはこれだけ!空港などで活用しよう!

    出典元:http://sonnakonnade.com/海外旅行となると英語がたくさん話せな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP